【特許取得済】
【国土交通大臣認定工法 bDパイルを使用】

tel:053-465-4647

お問い合わせ無料見積

無料見積
福島テレビニュース
NHK海外版ニュース
日経アーキテクチュア
産学官連携ジャーナル

液状化対策

液状化対策

  • ●SP免震基礎工法は、液状化対策を兼ねた工法。
  • ●家が傾くと、復旧費用に500万~1000万円かかるとも・・。
  • ●頑強な建物も、足元の液状化による被害は防げなかった。
     (3.11液状化被害多数)
  • ●SP免震基礎工法は液状化に効果的な支持杭を使用。
液状化しても傾かない

SP免震基礎工法は、建物下の鋼管杭(支持杭)が 地中の固い支持層に支えられており、液状化が起きても建物の沈み・傾きを防ぎます。
杭には支持杭と摩擦杭の2種類があり、支持杭は液状化対策になりますが、摩擦杭は杭の周囲の土の摩擦で支えるため、液状化が起きると、摩擦力が減少するため液状化対策として効果は見込めません。
一般住宅は地盤が軟弱な場合、多くはこの摩擦杭が使われます。マンションなどの大型建物が、液状化の被害がほとんど聞かれないのは、摩擦杭ではなく支持杭が採用されているからです。

SP免震基礎工法は、N値20前後の固い地盤で杭を支持します。
(5m~15mほどの深さにあることが多い)
やわらかい砂層が液状化しても、建物は固い地盤に支えられているため、家の傾きを防ぎます。

建物が傾くと、体の不調を起こす原因に・・

東日本大震災が起きてから3年以上経ちますが、今でも建物の傾きを修復するご依頼があります。
また、傾いたままの家に住み続けた多くの方が、頭痛や目まいなどを訴え、体調を崩す方が多く見受けられます。
とくに家にいる時間が長い主婦に多い傾向です。
わずかな家の傾きが、家族の健康に影響を及ぼすことになります。

液状化関連記事※クリックで拡大

近畿の地盤

朝日新聞記事より
【近畿の地盤】

東海の地盤

朝日新聞記事より
【東海の地盤】

関東の地盤

朝日新聞記事より
【関東の地盤】

液状化の危険

朝日新聞記事より
【液状化の危険】

南海トラフ23区も液状化

夕刊フジ記事より
【南海トラフ23区も液状化】

一般的な一戸建て住宅で費用はおよそ*150万円前後です。
(*2階建て、一階床面積18坪程度、bDパイル6mで換算した場合)(*建物の大きさ、重さ、形や支持層の深さにより費用は変動します。)
また、軟弱地盤において必要な地盤改良工事が、当工法採用の場合は要らなくなります。