【特許取得済】
【国土交通大臣認定工法 bDパイルを使用】

tel:053-465-4647

お問い合わせ無料見積

無料見積
福島テレビニュース
NHK海外版ニュース
日経アーキテクチュア
産学官連携ジャーナル

採用事例

アパートの例福島県福島市

2011年東日本大震災後、大きな余震が福島市に起きました。
4月11日震度6弱(マグニチュード7.0) 、4月12日震度5弱(マグニチュード5.4)
当時、写真のアパートは建築中の状況でした。周りの建物が、大きな揺れで被害を受ける中、建築作業中の大工さんは地震があったことさえ気づかなかったそうです。
こちらのアパートは入居募集とともにすぐに満室となりました。

幼稚園の例

大切なお子さまを預かる幼稚園として、まずは施設が安全であるべきと考えのもと、SP免震基礎工法を採用していただきました。

地域防災担当者のご自宅の例愛知県安城市

住民に安全性を訴える地域の防災担当の立場としてここが被災地になった場合、まず自宅の心配をすることなく助けに行けることが必要だと考えました。
安全性の高い地震対策について調べたところ、この工法にいきつきました。平成26年1月、自宅にSP免震基礎工法を施工しました。