【特許取得済】
【国土交通大臣認定工法 bDパイルを使用】

tel:053-465-4647

お問い合わせ無料見積

無料見積
福島テレビニュース
NHK海外版ニュース
日経アーキテクチュア
産学官連携ジャーナル

「安心」の金額は高くない

費用

SP免震基礎工法を新築につけるといくら位でしょうか?

いいものでも、高くて手が届かなければあまり意味がありません。
SP免震基礎工法の平均的な費用150万円前後です。
・2階建て、1階床面積18坪相当( 鋼管杭bDパイル6mと仮定)
・地盤の軟弱度合い、建物の大きさ、重さ、形状により異なります。

無理のない価格で安全を手に入れる

シュミレーション①
住宅ローン35年を元に月当たりに金額を算出。
仮にSP免震基礎工法の費用を150万円とする。
ローン金利、物価上昇率は含めないものとする。

150万円÷35年=42,857円(小数点以下切捨て)
42,857円÷12ヶ月=3,571円

1ヶ月あたり3,571円

この金額で、ずっと先まで家族の暮らしの安全が得られます。

さらに、軟弱地盤に必要な地盤改良工事が不要だから・・

軟弱地盤には地盤改良工事が義務付けられていますが
SP免震基礎工法を施工すれば地盤改良工事は不要となります。
地盤改良工事費用を差し引いて再度計算します。
*柱状改良工事費90万円として仮定(2階建ての平均的な一般家屋18坪相当)

シュミレーション②
150万円―90万円=60万円
60万円÷35年=17,142円
(ローン金利、物価上昇率は含めないものとする)
17,142円÷12ヶ月=1,428円

35年間で計算すると1ヶ月あたり
1ヶ月当たり1,428円

35年のローン返済が終わってからも多くの方はその家に住み続けることでしょう。
上記金額をもとに50年で計算すると・・。
1ヶ月当たり1,000円

50年後はどのような暮らしをされているでしょうか?
もしかしたらあなたやお子さん、またはお孫さんが生活されているかもしれません。

また大地震が起こる確率は長期になるほど高まります。
(首都直下型地震は50年では90%とも言われています)

これから家を建てる方は、長期的な視野をもって対策されることをおすすめします。